現在表示しているページ
トップページ 以下の 会社案内 以下の サンスター文具年鑑

サンスター文具年鑑

  ■サンスター文具の歩み ■そのとき日本は?
1940
1940
小林三造前会長により学習文具製造を目的として創業。
1941
太平洋戦争始まる
 
1945
第二次世界大戦終結
 
1946
日本国憲法公布
 
1947
東京都23区制がスタート
1950  
1950
NHK、テレビの実験放送開始
1952
「株式会社三英社」として会社組織にし、販売網を拡大
 
 
1955
アメリカにディズニーランドオープン
 
1957
史上最初の人工衛星「 スプートニク1号」の打ち上げに成功
 
1958
東京タワー完成
1959
現在の「サンスター文具株式会社」に社名を変更
 
1960  
1960
カラーテレビ本放送開始。
1963
「鉄腕アトム」や「鉄人28号」などのキャラクター文具を発売。
 
 
1964
東京オリンピック新幹線営業開始
1965
現在も続くメーカーセール「ハイハイセール」の第1回スタート
「アーム筆入」発売開始
 
1967
象が踏んでも壊れない「アーム筆入」のTVCF放映開始
 
 
1968
三億円強奪事件
東京23区でポケベルの サービスが開始。
 
1969
人類初の月面着陸
日本で初めて現金自動
支払機(ATM)を設置
1970
1970
「電子ロック・ダイヤルロック筆入」発売
水に溶ける「スパイメモ」 子供達の間で大ヒット
第1回社内展示会を開催
1970
大阪万国博覧会開催
 
1971
東京にマクドナルド第1号店
1972
黄色いスマイルマーク「ラブピース」 シリーズ、社会現象を起こす程の大ヒット
1972
札幌オリンピック開催
沖縄返還
 
1973
オイルショック
1975
ホビー・クラフト商品への進出のため、関連会社(株)サンスタークラフト設立
 
 
1976
ロッキード事件
1980
1980
「5面マチック筆入」発売。業界トップの筆入シェアを誇る。
 
 
1983
任天堂ファミリーコンピューター発売
東京ディズニーランド開園
1985
「文九郎」「ナッツスタッフ 」「カード文具」等、システムステーショナリーを次々発表。
いずれも大人気。
1985
国際科学技術博覧会
(つくば万博)開催
1987
代表取締役会長に小林三造
代表取締役社長に小林英三がそれぞれ就任
1987
国鉄分割、民営化
 
1988
東京ドーム完成
 
1989
消費税スタート
平成になる
1990
1990
エコロジーシリーズの開発に着手。
再生紙や再生プラスチックを使った「エコロジカルマインド」シリーズや、手軽に再生紙をつくれるキット 「紙工房 」などを発表
1990
バブル経済崩壊
日本人初の宇宙飛行士誕生
1991
ペーパーロックが新製品 コンクール準大賞受賞
1991
湾岸戦争
 
1994
関西国際空港が開港
1995
社内外に向けた記念行 事「6.1挑戦の日 」設立。「新製品アイデア募集」始まる
ペーパーステッチロックZnがグッドデザイン賞(国際文具専門誌協会プロダクト・オブ・ザ・イヤー)を受賞
1995
阪神大震災
地下鉄サリン事件
1997
パソコン一人一台の情報環境および全国拠点をつなぐネットワーク構築
1997
消費税が3%から5%に引き上げ
1998
2000年を目標としたNON-PVCの素材改革に本格的に取り組む
1998
長野オリンピック開催
郵便番号7が桁に
1999
カラーステーショナリーシリーズ「FLAVOR」を 発表。100アイテム以上を 発表するヒットシリーズとなる。
ペーパースタンドが グッドデザイン賞受賞。
目覚ましタイマー安心君がSPツールコンテスト大賞受賞
 
2000
2000
代表取締役会長に小林英三
代表取締役社長に伊藤幸信がそれぞれ就任
目覚まし時計おきたろうがSPツールコンテスト準大賞受賞
 
2001
NON-PVCの素材改革が完了。
「材料に 塩ビを使用しない」商品化が確立
はさみプロ(160mm)が グッドデザイン賞受賞
電池式鉛筆削器ワンがSPツールコンテスト準大賞受賞
 
2002
3月、国際 標準化機構による 環境マネジメント規格 「ISO14001」の 認証を取得
インターナショナルギフトショーにてGIFT OF THE YEAR 2002 AWARD受賞
スイッチヒッター がSPツールコンテスト準大賞受賞
2002
北朝鮮拉致被害者5人帰国
日韓共催サッカーW杯開催
2003
穴あきスライドはさみ170mm、プチマーカー、ペーパーステッチロックタワー、ペーパーステッチロックハンディがそれぞれ グッドデザイン賞受賞
カプセルマーカーが 販促品コンテスト大賞受賞
2003
アジアを中心に、SARSが大流行
自衛隊をイラクへ派遣
2004
「色が語る」「色で語る」をテーマにした【PANTONE UNIVERSE ステーショナリーシリーズ】の発売を開始。
エコロジーシリーズとして『WWFシリーズ』発売
'Disney Global Stationery Summit'にて『ライセンシー・オブ・ザ・イヤー』を受賞。
トリプル削器セクトがそれぞれグッドデザイン賞受賞
2004
アテネオリンピック開催
韓流ブーム到来
2005
1月、ホームページをリニューアル
PANTONEツインマーカーがグッドデザイン賞を受賞
'Disney Global Stationery Summit'にて『ライセンシー・オブ・ザ・イヤー』を2年連続受賞。
12月、品質マネジメント規格「ISO9001」の認証を取得
2005
「愛・地球博」開催
JR福知山線脱線事故
紀宮さま結婚
2006
代表取締役副社長に小林大地が就任
ディズニーエコロジーシリーズを発売
プレミアム・インセンティブショーにて、けずれる鉛筆キャップ セクトがSPツールコンテスト大賞を受賞
6月、社内展示会(本社)が第50回を迎える
PANTONE色鉛筆がグッドデザイン賞を受賞
'Disney Global Stationery Summit'にてキャラフル4が『ベストプロダクト』を受賞。
2006
第1回WBCで、王ジャパンが世界一に。
サッカーW杯ドイツ大会開催
2007
グリップ付補助軸セクト、安全練習ハサミ、スタンド付ルーペセクトが第1回キッズデザイン賞を受賞。
第36回インターナショナルプレミアム・インセンティブショーにて、「3WAYマルチトジッパー」がSPツールコンテスト大賞を受賞。
日本記念日協会が、6月1日を「アイデアの日」と認定。
2007
PASMO開始。鉄道・バスがカード1枚で利用できるように。
安倍内閣から福田内閣に
10月1日、郵政民営化がスタート
2008
第37回インターナショナルプレミアム・インセンティブショーにて、「ルーペ付ボールペン」がベタ付け商品コンテスト大賞受賞。
第2回キッズデザイン賞にて、5作品が受賞。電動削器 NS、安全鉛筆ナイフ NS、デザインはさみ セクト、コンパス セクト、ノックフリーシャープ
10月15日、(株)セイカ様との事業統合に向けた協議を開始する事を発表。
2008
再生紙の古紙配合率偽装表示が製紙メーカー各社から発表され、年度末と新学期を前に市場が混乱
8月8日、北京オリンピック開催
2009
1月1日、1952(昭和27)年に設立した「サンスター文具株式会社」を「サンスターホールディングス株式会社」に商号変更
1月1日、「サンスターホールディングス株式会社」から新設分割し「サンスター文具株式会社」を設立。資本金5,000万円
1月15日、(株)セイカ様との協議の結果、2009年3月1日に事業統合する事で最終合意に達する
 
2010
7月1日、代表取締役社長に小林大地が就任。前社長の伊藤幸信は代表取締役会長に。
 
2013
10 月1日、株式会社バンダイナムコホールディングスの子会社である株式会社バンダイを引受先とする第三者割当増資を実施し、バンダイの子会社としてバンダイナムコグループの連結子会社となることを発表する。
 
2014
7月、物流センターを千葉県柏市に移転。
10月、本社を台東区浅草橋に移転。
 

このページのトップへ戻る